スピリチュアルガイドは癒しとヒーリングサロンの紹介、ワークショップ・イベント情報サイトです。

スピリチュアル用語
チャネリング

チャネリングとは、高次の霊的存在・神・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達を意味し、アメリカで1980年代に隆盛したニューエイジ運動の中で使われるようになった名称です。

1972年にジェーン・ロバーツ(英語版)(1929年 – 1984年)と夫のロバート・バッツ(1919年 - 2008年)が『セスは語る』(Seth Speaks)を出版したことから始まったと言われています。

チャネリングを行う人をchannel(チャネル、チャンネル。水路、通信路の意)、あるいはchanneler(チャネラー) と呼びます。ここでは、以下「チャネラー」とします。

チャネリングは民俗学者や人類学者ならば「シャーマニズム」という用語で分類する分野におおむね相当し、「チャネラー」は従来の表現で言えば 霊媒に当たります。

トランス状態となって、交信する存在からのメッセージを受け取る点では霊媒と同じ技術が用いられていると述べているであり、懐疑派から「宇宙イタコ」と揶揄されることもあります。

チャネリングの定義は人によってさまざまですが、前ラトガーズ大学教授でチャネリングを肯定的に研究するジョン・クリモは、チャネリングの内に直感や洞察、霊感、そして想像力などの伝統的な概念を取り込み、
「チャネリングは我々が知っている物理的なものとは異なった現実の次元に存在すると言われる源泉、従って、チャネラーの通常の精神(自己)に由来しない源泉から、物理的に具現化した、人間に、あるいはその人間を通してやって来る情報の伝達である」
と定義しています。

精神世界研究家の伊泉龍一は、チャネリングをひとまず簡潔に定義すると
「通常の五感とは異なる方法で、人間を超えた超越的ななんらかの存在者(これを「エンティティ」と呼ぶ)とコンタクトを取り、なんらかの情報を受け取ること」
であると述べています。

コンテンツ一覧

ページTOPへ