スピリチュアルガイドは癒しとヒーリングサロンの紹介、ワークショップ・イベント情報サイトです。

スピリチュアル用語
タロット

タロット、あるいはタロットカードは、遊戯や占い(タロット占い)などに使用されるカードのこと。
78枚1組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札、4枚の人物札をスートとした、4スート(4×14)56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられます。

タロットの起源を古代エジプトや古代ユダヤに求める説もあるが学問的な根拠は無く、発祥は不明です。

有名なデッキとして、マルセイユ版、ライダー・ウェイト版があります。

英国で、カバラ的解釈を継承する魔術結社「黄金の夜明け団(ゴールデン・ドーン)」が生まれ、この系統から後にいくつかの名作タロットが生まれました。
ライダー・ウェイト版もその1つで、カードのイラスト作製は黄金の夜明け団(ゴールデン・ドーン)のパメラ・コールマン・スミスが行っています。

黄金の夜明け団(ゴールデン・ドーン)では、タロットとヘブライ文字との関係付け、タロットと7惑星・12星座(占星術)との関係付けも改めて行った上、小アルカナについても、ワンド・カップ・ソード・ペンタクルに、カバラの創世論におけるアツィルト・ブリアー・イェツィラー・アッシャーの四つの世界を、キング・クイーン・ナイト・ペイジにはコクマー・ビナー・ティファレト・マルクトのセフィラと、四大元素の火・水・風・地を当てはめています。

現在のように、魔術系タロットのみならず、考えうるあらゆるものをモチーフとし、自由なアイディアを盛り込んだ多くのオリジナルデザインのタロットカードが無数に創作されるようになりました。
(例)ダーキニー・オラクル、浮世絵タロット、ユングのタロットなど


大アルカナ

0 愚者
I 魔術師
II 女教皇
III 女帝
IV 皇帝
V 教皇
VI 恋人
VII 戦車
VIII(XI) 正義
IX 隠者
X 運命の輪
XI(VIII) 力
XII 吊された男
XIII 死神
XIV 節制
XV 悪魔
XVI 塔
XVII 星
XVIII 月
XIX 太陽
XX 審判
XXI 世界

コンテンツ一覧

ページTOPへ