スピリチュアルガイドは癒しとヒーリングサロンの紹介、ワークショップ・イベント情報サイトです。

スピリチュアル用語
グレートワーク

グレートワークを大いなる業と訳すことが出来ます。
大いなる業(おおいなるわざ、ラテン語でMagnum opus、英語ではThe Great Work:グレート・ワーク)は、いくつかの精神的な伝統(カバラ、セレマ、錬金術等)における「大いなる作業」を指します。
ラテン語由来の言葉「マグヌム・オプス」は一般には芸術作品等の「大作」を意味するが、錬金術の文脈では「大作業」を意味します。

錬金術からの大いなる業は、卑金属を金へ完全に変換する、または賢者の石の創造を指すヨーロッパ中世の錬金術の言葉に由来しています。
後にヘルメス主義で、意識変容を表すメタファーとして使われました。

セレマでは、大いなる業は一般的に、自己と「すべて」の神秘的な合一を導く精神的実践として定義されています。
——「大いなる業は反するものの合一である。それは魂と神、ミクロコズムとマクロコズム、女と男、エゴと非エゴの合一を意味する。」
アレイスター・クロウリー(1875–1947)によると、これは、彼が「聖守護天使との知識と会話」と呼ぶものによって最初に明言されました。別の視点では、彼はまた、大いなる業は、自己認識の探求のため、「自己存在の本性と能力の知識を獲得」するためだと考えていました。クロウリーはしばしば、大いなる業を「成功する」または、「達成する」という考え方を論じ、また、この過程は継続するものであると認識していたようです。

コンテンツ一覧

ページTOPへ