スピリチュアルガイドは癒しとヒーリングサロンの紹介、ワークショップ・イベント情報サイトです。

スピリチュアル用語
オーラ

オーラとは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギーを意味する場合、現代では、その概念の説明は論者の拠るところにより異なります。
科学、医学、宗教、超科学、疑似科学、超心理学、超自然、ニューエイジ、オカルトなどを背景に、多様な論が展開されています。

転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指したりします。
現代日本では、人間の存在感や風格がある様子を指して「オーラがある」と表現することがあります。

スピリチュアルな観点からは、オーラは、日本には大正時代に近代神智学の著作を介して広まり、人体の周りにその人の資質や思想に応じて現れる様々な色と形の光であり、アストラル体の別名ともされていました。
オーラは神智学の影響の弱かった戦前の日本でかなり普及した神智学系の概念で、日本では気とオーラを同一視する見方もあり、儒教や近世養生論と結びつき、道徳的行為が良いオーラを通して健康を守るともいわれました。



コンテンツ一覧

ページTOPへ